スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまでたっても

注射を打つより
受付をしたい
接客をするより
ポテトを揚げていたい
第一線で働くよりも
第一線で働く人の賄いを

そんな私も
自分の人生では
否応なく
代役無しの主人公
私が動かないと
物語は始まらないし
終わりも見えない

私を中心に考えたストーリーと
そうでないストーリー
立場を変えるだけで
全く違う筋書きと展開

周りの人のことを考え過ぎると
自分を見失いそうになる
陰謀を企てるより
陰謀に巻き込まれるタイプ
ちょい役に
まんまと食われる
いつまでたっても
エキストラから抜け出せない
新人女優

自分の立ち位置や役割
そういうのが
実は
未だにわからないの

いつまでたっても
アドリブのきかない
前座にもならない
売れないシガナイ大道芸人

theme : 頑張れ自分!
genre : 結婚・家庭生活

comment

たまに帰省だと、よけいに緊張だよね。
私は義母のマンションまで車で7分。
呼ばれたら、すぐに行かなきゃ・・・です。
応援☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

がんばれ!

お嫁さんの立場は、
よくわかりませんが
幾つになってもやっぱり
気を使うんでしょうね!

ケースにもよりますが
もし一緒に暮らすとなると
尚更気苦労もあるでしょうね!

そう思うと、女性の方には
本当、頭が下がる
思いです・・・

そこで・・・
嫁姑の関係には
やっぱり
ご主人の器量が
試される時でも
ありますよね!


応援ポチポチ☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご主人の実家っていうのは、本当に気を使うとこだよね~。
うちは、すぐ近所に姑が住んでいるんだけど、お互い干渉しあわないので、今は楽です。
でも、いい嫁を演じるっていうのは、結局ご主人のためだよね。えらいな~。
こんなときは、大女優になった気持ちで思い切り演じてしまうと、案外楽しいかもね。
大変だけど、がんばって!

ブルー・ブルー さんへ

同居経験があるので
距離をおいた今の生活がとても心地よいです。
それはきっと
あちらもそう思っていると思いますよ。
不出来な嫁に
いらいらしなくて済むわけですからね(笑)
すぐに行ける距離っていうのは
親の面倒をみるのにはいいですが
心地よい関係を作るのは
一方通行じゃだめなんですよねぇ。
思いやる気持ちにお互い温度差があると
なかなか難しいです。

応援ありがとう!

4月4日の鍵コメさんへ

コメントありがとうございます(*^。^*)
小姑の存在もきついものがありますよね。
私の場合、小姑が高校の同級生なので・・
何かとやりづらいです。
嫁って、なんでこう面倒くさいんでしょうね。
そして、女って
なんでこう面倒くさいのでしょう!

バイナラー さんへ

嫁姑の関係はとても難しく
おそらく男性には理解しきれないところがあると思います。
姑が抱く息子の連れに対する思い。
嫁が抱く息子の母親に対する思い。
そこには女の意地とかプライドとか
嫉妬心とかいろいろな気持ちが交錯しているんです。
もちろん
世の中にはうまく付き合っている嫁姑はたくさんいると思いますが
それ以上に
うまく付き合っているように
お互い気を遣って神経をすり減らしているところは
さらにたくさんいると思います。
そして、険悪な関係のところだってたくさん。

結局はコミュニケーションをどうとるか。
そして、
その女の思惑の中で
男がどう動くか、それにつきます。

応援ありがとう

4月5日の鍵コメさんへ

無事に帰ってきたよと言いたいところですが
もうね、なんで~~?と思うことが多すぎて。
悪気はないんだろうけど
だからこそ、たちが悪い・・・
主人は私の気持ちを全く理解できてないと思う。
だからこそ、へこむ・・

人間関係、いろいろあるけれど
今度生まれ変わってまた結婚するときがあったら
絶対、彼氏の親を見てから結婚するわ。

応援ありがとう!

eiko さんへ

コメントありがとう。
嫁姑、と一言でいうけれど
結局、人間関係がうまくいくかどうかの
基本的なことなんだよね。
主人にも私にとっても
自分の親というのは特別な存在。
その親に対してケチをつけたら
気に障るのは当たりまえ・・
でもでもでも~~~~~
泣き寝入りばかりしてる気がする。
悔しいことばかりなの。
台本投げられてもいいから
思ったことをちゃんと言ってみたいです(>_<)
Secret

Welcome!

花恋

Author:花恋
花恋(かれん)です。

【送料無料】ふたりあるき [ 花恋 ]

【送料無料】ふたりあるき [ 花恋 ]
価格:1,050円(税込、送料別)



「ふたりあるき」という詩集を出版しています。
詩集に掲載された詩はこちらのブログでは公開されていません。ブログ内の詩で「いいな」と思う作品がございましたらお手数ですがランキングのバナーをクリックして下さい。更新の励みになりますので応援クリックを宜しくお願い致します。

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

最新記事

blog 訪問者数

花恋へのメールはこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。